胸を張って酵素ドリンク

人気記事ランキング

ホーム > 健康 > 子供の身長を大きくする方法

子供の身長を大きくする方法

お子さんがすくすく育ってくれるとうれしいものです。

 

クラスで後ろから何番目という風に後ろから数えて何番って聞くとなんだかうれしく、頼もしく見えるものです。

 

でも私自身中学生までずっと一番前で前ならえの時に手を前に伸ばさないで、横にくの字に組んでおりました。要は一番チビだったのです。

 

何しろ中学3年生でたったの155センチでしたから・・・男なのに女子より低い低い。

 

まあものすごくスケベで小学6年生くらいからスカートめくりやったり、女子の胸をタッチしたり、まいっちんぐマチコ先生の影響バリバリのドスケベ小僧でしたからね。

 

スケベでませてると成長が早く止まるというのですが、私の場合、中学3年生の夏くらいから極端に伸びて高校1年の入学時には165センチまで伸びてました。

 

その後成人までゆっくり伸びて170センチまで伸びました。念願の。

 

スケベで成長も止まってしまった、俺はチビのままだと思ったのですが、なんだかんだ170まで伸びました。これもたんぱく質をたくさん摂ったからかもしれません。

 

私自身牛乳があまり飲めなくて、親がその分当時高かった豆乳を買ってきてくれました。それを毎日1杯飲んでいました。それ以上飲むと下痢するため1日1杯と決めておりました。

 

その影響なのかなと思います。

 

牛乳というよりたんぱく質が成長を促すらしいですよ。昔はスピルリナという栄養が一般的ではなく、ほとんど売っていなかった、いや、存在なんて一般には知られていないものでしたが、今はサプリメントとしてスピルリナが普通に手に入ります。

 

スピルリナはアミノ酸がまんべんなく、しかも全体の7割ほどを占めているというたんぱく質の塊で、しかも吸収率が90パーセントという無駄がないというパーフェクト食材です。

 

それをメイン素材として、亜鉛、コラーゲン、カルシウムといった栄養素をプラスした

カラダアルファというサプリメントが売っております。

 

これ、私の時代に在ったらもっと伸びていただろうに・・・